• クレンジングを乾燥肌の人が選ぶときには

    クレンジングを乾燥肌の人が選ぶときは、どんな種類でも肌へのダメージがあると考えておくことが重要です。

    クレンジングの乾燥肌について正しい知識を持つこと重要です。

    この肌質は肌の水分保持力も下がっていて、デリケートな状態なのでクレンジングをすると乾燥肌だと受けるダメージも高まるため、自分に適した商品を選ぶ必要があります。クレンジングにはいくつかの種類があって乾燥肌の人は肌の状態などを見ながら決めていくと安心です。

    クリームタイプは、クリームで指が直接肌を擦ることを緩和してくれて、肌にも優しいため向いています。



    クリームには油分を含んでいてした後の乾燥を和らげる効果もありますが、メイクとクリームが馴染むまで時間がかかるので強く擦らないようにやさしくマッサージをして馴染ませます。
    ミルクタイプは、洗浄力は弱めで肌へのダメージも少なくて、乾燥や敏感肌の人でもおすすめです。

    乳化まで時間がかかったり、洗浄力は弱いのでしっかりしたメイクは落としにくいですが、掌で温めてから使うことでメイクや皮脂も落としやすくなります。
    ジェルタイプは、弾力で肌への摩擦を抑えられるためダメージも少なくて洗い上げる効果も期待できます。

    吸着性が良くて肌にも馴染みやすい性質があり、メイクや汚れも落ちやすくてさっぱりした洗いあがりです。



    油性と水性のタイプがあって肌質に合わせて選択が出来ますが、油性だと洗浄力が強くて水性はポイントメイクが落ちにくいです。

    ポイントメイクをしているときはポイントメイクリムーバーを使い洗う前に落しておくとよいです。